トップ

インプラント検査内容

インプラント治療と検査

インプラントを行う場合の検査

インプラントは歯茎を切開し、骨に金属を埋め込むことから手術として扱われています。そのため、事前に検査をしっかりと行う必要があります。まず、糖尿病や血液疾患など既往歴や病歴がないか、問診を行います。化学療法を行っている方や精神的な疾患を抱えている場合はできません。その次に、虫歯や歯周病がないか、かみ合わせはどうかを調べます。虫歯があるとインプラント手術で行われる骨と金属がうまく結合することができず、満足のいく結果になりません。虫歯や歯周病がある場合はその治療を行ってから手術を行います。この他、レントゲンやCTにより歯の位置を確認したり、血液検査や血圧測定を行い、血の止まりにくさなどを調べたりします。

インプラント治療は精密検査必要

虫歯ができたとき入れ歯にしたり、健康な歯を削るブリッジの治療に抵抗を感じる人がいるかもしれません。入れ歯だと硬い物が食べにくくなったり、違和感を感じるし、ブリッジだと健康な歯までも削ることになり、将来的に弱くなる可能性があります。そんなときインプラントであれば、失った歯に直接入れることができるため魅力です。ただインプラントは誰でも入れられるわけではなく、歯槽骨を検査し骨の量が多ければ治療に踏み切ることができます。CT検査ができる歯医者さんで歯の状態を調べ、もし入れられるとなれば高額な費用はかかりますが、メリットの多い治療となります。

↑PAGE TOP